うつに交換が期待出来る特効薬「抗うつ剤」

一般的な抗うつ剤

抗うつ剤の平均的な価格

抗うつ剤の価格は、発売されてからの時間が古いものほど安くなります。これが理由で製薬会社は新しい新薬、副作用が少ない薬を開発しようと競争します。 古い抗うつ剤だと、量にもよりますが10円を切るくらいで、新しい薬は200円以上するものもあります。 平均すると100円前後でしょうか。 古い抗うつ剤は副作用が多く、価格が安いため治療の初めには、比較的新しい抗うつ剤を利用します。 近年の抗うつ剤の開発は急激になり、新しい薬のほうが患者への効果や負担も改善されています。しかし個人個人の薬の反応は違うために、新しい薬に効果がないような場合には、古い薬に変えることも珍しくはありません。 重要なのは個々の患者さんの治療に役立つ抗うつ訳なのです。

薬の一般的な特徴について

初期に開発された抗うつ剤は3環系と呼ばれるもので、抗うつ効果は強いのですが、副作用も多く、口の渇きや眠気、体重増加など患者にとって苦痛の多いものでした。 その後、副作用を減らした4環系と呼ばれる薬が開発されました。この系統の薬はまだ副作用はあるものの、今でも効果がよいために多く利用されています。 そして近年の研究の進歩により、効果が高く、副作用の少ないSSRIと呼ばれる種類の薬が相次いで開発されました。 この薬は今までの薬に比べ効果的なので、多くの患者が恩恵を受けています。 種類も多いので患者に効果がある薬が比較的早く見出すことができます。 また最近はさらに研究が進んで、うつ病患者に多い体の痛みに効果のある薬も開発され役立たれています。